スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    -------- : スポンサー広告 :
    Pagetop

    ETYMOTIC RESEARCH / hf5

    今回はカナル型イヤホンに関してのお話です。

    カナル型イヤホンってのは
    通常のイヤホンと比べて
    耳栓のように耳の奥深くに突っ込む事によって
    外部からの音を大きく遮断する事のできるイヤホンです。

    こういったタイプのイヤホンは
    打ち込みとかトラックを同期させた演奏をするミュージシャンに
    よく使われています。

    というのも
    ステージ上はアンプやらドラムやらの大音量で
    一般的なイヤホンだとモニタリングがしにくいんですよ
    周りの音に負けないような大音量を一般的なイヤホンで出すと
    音割れは酷いし、何より耳に悪くて難聴の原因になりますからね。

    そこでカナル型を使うことによって
    周りの音を遮断して
    イヤホンからの音のみに集中できるわけです。

    ただ、難しいのは
    あまりに遮音性が高いので
    自分の出してる楽器の音が聞こえないんですよね、、

    そこの対策として
    周りの音をマイクで拾って
    イヤホンの音とミックスして
    モニタリングが出来る
    高級モデルもありますが
    なにぶん高いですw


    ちょっと前までは
    SHUREのE2cってモデルが定番で
    カナル型といえばこればかり売れていましたが

    最近勢いがあるのがこちら↓


    ETYMOTIC RESEARCHのカナル型です
    えてぃもてぃっくりさーち
    って読みます、覚えにくいですよねw

    こちらのhf5が結構な売れ筋なので
    紹介しますね。

    音的には申し分ないです
    深く耳に突っ込む事によって
    十分にどっしりとした低音を感じることが出来ますし
    非常にクリアー
    イヤホンでこれは十分すぎるくらいですね。

    んで特筆すべきは遮音性の高さです
    ステージで使うことなんてほとんど無く
    普段の外出時に良く使っていたんですが
    これを突っ込んでいるだけで周りの騒音は
    ほぼ、気にならなくなります
    飛行機内でも快適に音楽が聴けましたよ
    この遮音性は正直、凄いと思いました。

    ただ致命的な点が一つ
    断線がしやすいんですよ
    僕が使っていた物も
    使い始めてから1年弱で
    何の前触れも無く、突然音が出なくなりました、、

    調べてみると、このメーカーの製品って
    断線しやすいみたいですね。

    これは非常に残念
    もっと作りが頑丈なら文句のつけようがない
    いい商品だったのですが、、

    他にも調べたところ
    SHURE製も断線が多いみたいですね。

    結局、2代目は買う気になれずに
    いまはその辺で売っている安物のイヤホンを使っていますが
    音質も遮音性もイマイチ。

    その内、作りのしっかりしたカナル型が出れば
    買い換えようと思いますが
    せっかくならETYMOTIC RESEARCHから出して欲しいですね。

    音質いいのはもちろん嬉しいですが
    自分としては
    寿命>音質です。

    ステージで使われるものこそ
    頑丈に作るべきだと思うんですがね、、
    スポンサーサイト

    テーマ : オーディオ機器
    ジャンル : 音楽

    2011-04-01 : 機材 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop
    コメントの投稿
    非公開コメント

    Pagetop
    « next  ホーム  prev »

    プロフィール

    Lute

    Author:Lute
    バンドやら機材話を中心に、色々書いていこうかと思います。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。