スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    -------- : スポンサー広告 :
    Pagetop

    スネアの話 - カーボンプライメイプル 14x5.5インチ(Pearl製)

    今回はスネアの話をしようと思います

    現在、メインで使っているスネアはこちら↓


    パールのカーボンプライメイプル
    ちなみに初期モデルです。

    カーボンといえば釣り竿だとかマウンテンバイク
    なんかでよく使われる炭素を元にした複合材料ですね
    剛性があり軽量なことが特徴です。

    ほとんど楽器に使われることは無いようなイメージがありましたが
    最近はカーボン製のフルートとかバイオリン弓なんかがあるみたいです
    他にもカーボン製のエレキギターなんかもあるんだから驚きです。


    こちらはそのカーボンを太鼓の内側と外側一面に使い
    間にメイプル材を挟んだサンドイッチのような作りのスネアです。

    音としてはメイプル材だけを使った一般的なウッドスネアと比べて
    とりあえず音がデカい!
    立ち上がりが良く残響音の収まり方も良し。
    なるべくミュートを施さずに大き目の音量で叩きたいスネアですね。

    かれこれ6年以上は使ってるんじゃないかな
    このままぶっ壊れるまで叩き続けたいです。


    さて音作りですが
    スネアに関してはミュートするのが嫌いなんですよ
    (ミュートってのは、ガムテープを打面に貼ったりして
    残響音を抑えたり、余分な倍音を抑えたりすることです)

    なので最初からミュート効果を狙ったような打面は張らないです
    そこで選んだのがこちらのヘッド↓


    レモのスエードです
    どっちかっていうとロックよりも
    アコースティック的な音楽によく使われるようですが
    このヘッドを思い切りバシン!と鳴らすのが今の好みです
    素材の持った元々の鳴りが良く生かされているように思えます。

    ただ、一般的なヘッドに比べて、寿命が短いのが残念なところ
    まぁ思いきり引っ叩くようなものじゃないからねw


    あと、今の自分のスネアサウンドにとってかなり重要なのがこちら↓
    42本スナッピー

    グレッチ製の48本スナッピーです
    スネアの裏側を見たことある人はピンと来ると思うんですが
    太いんです、一般的なものの2倍ありますね。

    スナッピーってのはスネアを叩いたときの
    ザラザラ音を出すパーツでして
    スネアの音作りにおいてとても重要な部分です
    単純に細いとザラザラ成分が少なく
    太いとザラザラ成分が多いです
    なのでこちらはザラッザラですよw
    音量も大きくなるのがポイントです
    これも好き嫌いが分かれるところなんですが
    今はこれ以外使うつもりは無いってくらい気に入ってます。
    ちなみにレッドツェッペリンのジョン・ボーナムが使っていたモデルの
    復刻品らしいです
    それだけでテンション上がるねw

    昔はハイピッチで「カーン」って感じの明快な音が好きだったけど
    最近、チューニング自体はすこし下げ目で調整しています
    これもまぁ今の好みですね、それにあわせてタム類のピッチも下げ目にしています。

    とりあえず今日はこんなところです
    ではでは
    スポンサーサイト

    テーマ : ドラム
    ジャンル : 音楽

    2011-03-25 : ドラム : コメント : 4 : トラックバック : 0
    Pagetop

    我が要塞

    とりあえずドラムに関して書こうかな

    雪国の片田舎に住んでいた頃は生のドラムセットを所有しておりました
    こんな感じ↓ (大昔に携帯で取った写真なのでかなり粗いですが、、)
    実家ドラム2

    遠くから↓
    実家ドラム1

    生意気にもラックシステム
    生意気にもサブスネア
    今よりもよっぽど多点好きでした
    ちなみに今の好みは必要最低限のシンプルなセットです。

    セット構成は
    22インチバスドラム(無名メーカーのなにか)
    12インチタム(無名メーカーのなにか)
    16インチフロアタム(無名メーカーのなにか)
    14インチメインスネア(パールのカーボンプライメイプル)
    14インチサブスネア(無名メーカーのなにか)

    20インチライドシンバル(ジルジャンZXT)
    16&18インチクラッシュシンバル(ジルジャンZXT)
    10インチスプラッシュシンバル(ジルジャンZXT)
    14インチハイハット(ジルジャンZXT)
    14インチトラッシュシンバル(ジルジャンのなにか)

    パール製ラックスタンド
    ヤマハ製ハイハットペダル
    ヤマハ製ツインペダル
    タマ製ドラムスローン

    こんな感じ
    手前と奥に見える赤い入れ物は
    それぞれドリンクホルダーとスティックホルダーです。

    ちなみに一番奥に見えるシンバルは
    元マシンガンズClutch・J・HIMAWARI氏の生サイン入り
    ほとんど叩いておりませんw

    もう一台レモ製のピッコロスネアがあったり
    貰い物のシンバルが増えたりした時期もあったんですが
    どうも写真には残ってないですね。

    悪乗りで家中のありったけのシンバルを加えて組んだセットの写真があったと思うんですが、、、

    まぁ、こんな感じだったわけです
    今思うと生ドラムで練習できたこの環境って
    相当恵まれてるなーって思いますね。

    東京に移り住んでからは
    もちろん生セットなんて持てないんで
    ローランド製の電子ドラムを使って練習していますよ
    こちらの画像も近いうち紹介します。

    テーマ : ドラム
    ジャンル : 音楽

    2011-03-09 : ドラム : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop
    ホーム

    プロフィール

    Lute

    Author:Lute
    バンドやら機材話を中心に、色々書いていこうかと思います。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。